上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実際の試合では、対戦相手が体でドリブルを止めに来るので、
直線的なドリブルはなかなか使わせてもらえません。

そこで、敵を抜くときに使用するのが、「ターン」と、「スリック」です。

下の動画のように、いったん後ろに下がって相手と上下の位置を入れ替えることを、「ターン」といいます。

あらかじめ方向転換を済ませておかないと、ターンに時間がかかりすぎてカットされる確率が高くなります。
この動画のように、一旦相手の届かない位置にボールを置いて方向転換を済ませておくと、より確実になります。

一方、対戦相手のガードしていない側に向かって抜き去るのが「スリック」です。


スリックの場合、相手と左右の位置が入れ替わるので、成功すれば有利になりますが、失敗した場合はカウンター攻撃を浴びてしまいます。

ターンの場合は、移動後の位置がそのままDFの位置になるため、失敗してもカウンター攻撃になる心配はあまりありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。